サホライドってなに?歯が黒くなるお薬の正体とは!?

むし歯

みなさん、こんにちは!

小児歯科医のヤスです👨‍⚕️

みなさん、「サホライド」というのはご存知でしょうか?

未就学のこどもさんを歯医者に連れて行ったことがある方なら、歯医者さんから聞いたことはあるかと思いますが、そうではない人は滅多に聞いたことがないと思います。(今では成人ではあまり使われていません)

ですが、この「サホライド」、こどものむし歯に対して非常に有効な働きをしてくれます!

しかし、一つの欠点として、塗った場所は「黒くなる」というものがあるのですね。

その有効な効果と目的を知らずにただただ治療を受けているだけだと、

「え、むし歯治療してもらったのに、逆に歯が黒くなってるじゃないの!?」

となってしまいます。

それにはちゃんとした訳があるのですね。

今回はその「サホライド」ってなんぞや?という疑問にお答えしたいと思います!

是非最後まで読んでみてください😊

サホライドとは?

みなさん、昔の「むし歯の洪水時代」はご存知でしょうか?

昭和50年代をピークに、こどものむし歯は蔓延していて、歯医者はむし歯治療に終われる毎日だったそうです。

戦後の日本ではどんどん食習慣が変化し、海外からたくさんお菓子が流入してきたことが一つの要因と考えられています。

今では「予防歯科」が浸透してきていますので、むし歯の数はどんどん減少してきており、今の歯科医院とはガラッと違った雰囲気だったことでしょう。

(引用:厚生労働省 中央社会保険医療協議会 H25年総会資料)

上記の文部科学省のグラフのように平成元年から3歳児、12歳児のむし歯は大きく減少してきました!

これは我々歯科医療者には大変喜ばしいことですね!

けどこう見たら20年前でも今より4倍のむし歯の数だったってことよね?

そうです。昭和50年代とはこれよりももっと多いのですから、全部の歯がむし歯で全て根っこだけという様な子もたくさんいた様です。

そんなむし歯の洪水時代、「まずはむし歯の進行を止めないとどうにもならない」という課題の中で生まれたのが「サホライド」です。

これはどんなものかと言うと、「むし歯の進行抑制のお薬」なんですね。

塗っておくだけでむし歯の進行を止めてくれる画期的なお薬です。

サホライドは別名「フッ化ジアンミン銀」と呼ばれます。

これのありがたいところは

簡単な処置でむし歯の進行を止められる

ということです。

むし歯はむし歯菌が歯に定着して酸を出すことで歯が溶けてしまうことで出来上がります。

なので、むし歯菌のいるところは除去してそこを修復すると言うのが本来の治療ですが、そのためには歯科の道具を使い、口を開けてじっとしていないといけません。

6歳未満の未就学の子にとっては、この治療をすることはすごくハードルが高いことなんですね。

そこで、歯ブラシの練習の時にササっとこのサホライドを塗ってあげることでだんだん慣らしながら、むし歯の進行も止めることができます!

少し専門的にどんな成分なのかを見ていきましょう!

サホライド(フッ化ジアンミン銀)は無色透明の液体で、少しだけアンモニア臭があり、光か熱によって徐々に変化(金属銀を遊離)して行きます。

歯の無機成分である、ハイドロキシアパタイトと反応して、歯面に難容性(溶けにくい)のリン酸銀とフッ化カルシウムを沈着させます。これが歯に残留して、フッ素イオンを遊離し、ハイドロキシアパタイトがフルオロアパタイトに変化してむし歯予防の効果を発揮するのです。

ナニイッテルカサッパリワカラナイワ

すみません。笑 つまりすごく高い濃度のフッ素が歯にずっと残るということです!

サホライドは歯にどういいの?

さっきの話から濃いフッ素が残るからむし歯の進行を止めれると言うわけね

まさにその通りです!

高濃度のフッ素が歯にずっと残っていてくれると非常にいい効果がたくさんあります。

それを一つずつ見ていきましょう!

石灰化促進

サホライドが浸透した部分の歯が石灰化、つまりどんどん硬くなってくれます。

防御力が上がるイメージですね。

サホライドが残っていると唾液中のカルシウムやリンが取り込まれることが石灰化促進になります。

再石灰化促進

次は「再」石灰化の促進です。

ん、さっきとどう違うの?

とみなさん思われたと思いますが、再石灰化とは、一度酸によって歯が脱灰(溶ける)してしまった部分が再度石灰化することです。

歯が復活するようなイメージ

さっきと違うところは、一度むし歯菌の酸によって溶けてしまった部分もサホライドによって再度硬くなりますよ!と言う作用です

これも素晴らしい効果ですね!

エナメル質の耐酸性の向上

歯の表層にある一番硬いところをエナメル質と言います。

このエナメル質がお城の防御壁のようなもので、ここでむし歯を食い止めます。

このエナメル質の防御力をあげてくれる作用です。

どう防御力をアップしているかは、エナメル質のフッ化カルシウムの生成、カルシウムの溶出の抑制、フッ素の残留率アップなどです。

やはり素晴らしい…

象牙細管の封鎖

歯のエナメル質の一層内側は象牙質という軟らかい層になります。

この層には多くの細い管(象牙細管)があり、そこで温度などの刺激が神経に伝達されたりします。

むし歯菌もこの管を通って進行していき、最終的には神経に達してしまいます。

その象牙細管をサホライドは封鎖し、むし歯の進行をここでも止めてくれます!

防御壁を突き破ってきたむし歯菌達が通る通路を塞ぐようなイメージですね!

むし歯菌に対する抗菌作用

まだまだありますよ!笑

サホライドはその銀イオンとフッ素の作用から強力な殺菌作用を持っています。

銀イオンは殺菌作用があるのですね

むし歯菌の進行を止めて、その上直接むし歯菌にもやっつけてくれます。

サホライド、素敵です。

歯垢(プラーク)の形成抑制

まだあるんかいっ!

とツッコミが入りそうですが、この際どんどん見ていきましょう。笑

歯垢というのはネバっとした歯についた垢です。

これは菌の塊で、このプラークを取らなければそこからむし歯が進行しやすいんですね。

サホライドはこの歯垢を菌が作るのを抑制してくれます。ネバネバの物質を作るのを阻害したり、そもそも菌そのものを減少してくれるので、歯垢がたまりにくくなります。

…以上です!(ほんとは細かくいうともう少しある)

いかがだったでしょうか。

サホライドがいかに歯、特にむし歯にはすごく有効に働くことが少しわかっていただけたかと思います。

サホライド無敵やん!

となるかもしれませんが、サホライドにも欠点はあります。

次はそこを見ていきましょう!

サホライドの欠点

黒くなる

これがまず第一ですね!

サホライドが反応した場所は銀が入っているので、その影響で反応すると黒くなってしまいます。

そして、一旦黒くなったむし歯の部位は物理的に取らない限りは色は変わりません。

苦い

次に味です。

「良薬口に苦し」とはこのことです。

結構な苦味ですので、こどもにとっては「とんでもないものを口の中に入れられたー」と感じることでしょう。

塗布する時も私たちは綿を置いて、舌につかないようにかなり注意して行っています。

サホライドの目的

これまでがサホライドの実態でした。

利点と欠点はわかっていただけましたでしょうか?

黒くなるのを理解できればメリットがたくさんありそうね

では、サホライドはどんな時に有効なのか?

サホライドの目的の部分を説明して終わりにしたいと思います。

大きな利点であるむし歯の抑制と歯の強化、そして何より塗布するだけで効果があるという簡便性という点から

治療がなかなかできないむし歯がある子

が対象になります。

歯科医院に恐怖心を持っているような子は治療ができるようになるには時間がかかります。

しかし、時間をかけてトレーニングをすれば必ずできるようになる

その間、「むし歯ちゃん、大人しくしといてよ~」という意味を込めて、時間稼ぎという点でサホライドは大変有効に働いてくれます。

治療練習の時に毎回塗ってあげると、痛くなく、むし歯が止められます。

そして、子どもはだんだんと

「ここは痛いことしない場所なんだな。この人にならお口を開けても大丈夫そうだな」

と信頼関係を徐々に構築していきます。

治療ができるようになると、黒くなった部位をしっかりと取って詰め物をしてもらいましょう。

そうして治療ができれば、その子が歯医者が嫌いになる可能性はグッと抑えられます。

医院のみんなを信頼し、治療も痛くなく、自分で乗り切ったという自信がつくからですね😊

もしこれが、トレーニングをせずに、最初の段階で無理やり治療を開始すれば、信頼関係も何も生まれず、その子にとっては歯科医院での経験が大変辛いものになりかねません。

そうすると歯医者に行くのが嫌になり、たとえ治療をしたとしても、その次がなくなってしまいます。

このように時間をかけてできるようになるには、サホライドはすごく強い味方なんですね😊

まとめ

いかがだったでしょうか!?

「歯医者で勝手に黒くさせられたー!」

とならないでくださいね!

それがサホライドであれば、むし歯をしっかりと止めていてくれる私たちの味方です。

その子がしっかりと治療ができるように

「この黒いむし歯さんを早く歯医者さんでやっつけてもらおうね!」

と、こどもさんを応援してあげてください😊

何となく分かったわ!でも一番はサホライドを塗られないようにむし歯を作らないことが大事よね

全くその通りです!サホライドを塗られた子はもう今後は黒くならないように、予防を大切にしていきましょう!

それでは今回はこのへんで!

コメント

タイトルとURLをコピーしました