【重要!】歯並びをみる4つのポイント!

かみ合わせ

みなさん、こんにちは!

小児歯科医のヤスです👨‍⚕️

今回は

こどもの歯並びについて

です。

これは日頃から多くの親御さんからご質問をいただきます。

「前歯の永久歯が生えてきたけど、もうすでに重なっていてみるからに並びきりそうにない…」

「この子に将来いい歯並びを残してあげたい」

「矯正は高くてできないけど、家でもできるような歯並びの予防があれば知りたい!」

などなど

悩むところだけど、見守るか矯正をするかしかないんじゃないの?

日頃からできることはたくさんありますよ!

多くの親御さんは、お子さんの仕上げ磨きの際に歯並びを見て、不安を持っていらっしゃるのではないでしょうか。

結論から申し上げると、日頃からできること、チェックしておくべきことはたくさんあります!

今回はそのようなお話をさせていただきますので、是非最後まで読んでみてください😊

この記事を読んでいただければ、いつものこどもさんの歯並びの見方が変わってきますよ。

なんで歯並びは悪くなるの?

まず、みなさん、むし歯や歯周病はなんでできると思いますか?

よくむし歯治療が終われば、むし歯の原因までも改善されたと思って歯医者に全く来なくなる人は多いですが、むし歯の原因は普段の生活習慣にあります。

歯ブラシやフッ化物の使用の習慣、食習慣、喫煙、ストレスなど…

それらを改善していかない限りは、またむし歯や歯周病になってしまいます。

そして、歯並びもむし歯や歯周病と同じく「生活習慣」によって決まってきます。

え、遺伝とかじゃないの!?

歯並びは遺伝の要因よりも生活習慣(環境)の要因の方が大きいのです

私が昔矯正をしていたから、この子も矯正をしないといけないのかと思ってたわ

確かに親子で顔のパーツは似ていますので、顔の遺伝的な要素はあります。

芸能人でも親子で顔が似ている人はたくさんいますよね。

しかし、みなさん歯並びまでも似通っているのでしょうか?

確かにそんなことはわからないわね

わかりやすい例がハーフの方などの混血の方の歯並びです。

人種によって顎骨の大きさは異なります。

白人の方、黒人の方、黄色人種の方はそれぞれ顎骨の形態や大きさは特徴がありますが、もし歯並びが遺伝するのであれば、ハーフの方はこの顎骨の人種のズレが生じてしまうはずです。

しかし、ハーフの方でも綺麗な歯並びの方はたくさんおられます。(例えばテニスの大阪なおみさんなどは綺麗な歯並びですよね)

なので、「歯並びは全部遺伝だ」ということは違うと思っていてください。

遺伝じゃないとしたらどんなことで歯並びは決まってくるの?

これは顎骨の成長方向や歯の位置というのは周りの環境によって決まります

周りの環境とは、歯の周りにある筋肉がどのように日々使われているか、どのような位置にあって歯を支えているかということです👅

例をあげると、指しゃぶりを寝ている間にずっとしている子は、指の押されているような形に歯は動いていきます👶

それによって作られる歯並びは遺伝ではなく、間違いなく環境によるものです。

もし、歯が窮屈に生えているような場合は、そのように「顎が小さくなる方向に何かしらの力が加わっている」と考えてその子の日常生活をみてあげてください!

んーなんかわかるようで、よくわからないわ

次のパートで詳しく話していきますね

すごく大事な「くちびる、舌、頬」

先程の例では歯の環境として「指」を挙げましたが、いつも歯の周りにあるものは何でしょうか?

それは、

  • くちびる👄
  • 👅

です

これらの力を、歯は24時間休むまもなく、常に受けています。

なので、これらの歯にずーっと加わる圧力によって、その力が釣り合うところで歯の位置は決まります。

イメージとしてはこんな感じ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: スクリーンショット-2021-07-18-14.59.08-1024x298.jpg

プロフィト(←矯正学のすごく偉い人)は

「弱い力でも約6時間以上、力がかかり続けると歯は動く」

ということを言っています。

(引用:Contemporary Orthodontics )

なので、これら3つ(くちびる・舌・頬)がどんな位置にあって、どんな強さで歯を支え合っているか

これによって歯並びや顎骨の成長方向は決まってきます。

歯並びを予防するための4つのポイント

つまり、くちびる・舌・頬がいつもどんな位置にあるのかが大事なのね

では良い歯並びをつくる、くちびる・舌・頬の理想の形はどのようなものでしょうか?

これについては、これまた矯正学の偉人、アングルさんがこう述べています。

「上下の歯が接触し、上下の口唇が閉じ、舌は口蓋に位置する時、調和のとれた相互作用が成立し、鼻呼吸が確立する」

(引用:Malocclusion of the Teeth)

つまり

  • 歯と歯を合わせて
  • お口を閉じて
  • 舌は上につけて(舌を「ポンッ」と鳴らす瞬間のところ)
  • 鼻呼吸をしている

状態が良い歯並びを作る歯の「環境」と言えます。

この4つが非常に重要なポイントです

なので、もしこの反対のように

・歯と歯は離れていて

・お口があいて

・舌は下顎についていて

・お口で呼吸している

ようであれば、良い歯並びからは離れて、崩れる方向に顎骨は成長し、歯並びは悪くなっていくでしょう!

歯並びは多因子性(多くの原因が絡み合っている)なので、原因や注意すべきものが他にもたくさんあるのですが、今日は一番ベースとなるところをお話しさせていただきました。

まずはお子さんが

  • 歯と歯を合わせて
  • お口を閉じて
  • 舌は上につけて(舌を「ポンッ」と鳴らす瞬間のところ)
  • 鼻呼吸をしている

の4つのポイントをできているか

これをチェックしてあげてください。

これは本当に大事なことです!

毎日いつもこれをしていると歯並びは確実に変わってきます!

もし「この子は本当にできているの?」と心配になられた方は是非一度こどもの矯正に携わっている歯科医院にご相談ください👨‍⚕️

まとめ

いかがだったでしょう?

「じゃあ具体的にそうするのにどうすればいいの?」

という点に関しては、また後日記事で書いていきたいと思います。

とにかく、歯並びはどうしようもないものではありません!

そんな歯並びになるには必ず原因があります。

そしてその原因とは、歯の周りにある筋肉日頃どんな位置にあって、どう使われているかです。

まずはお口がポカっと開いていないか、お鼻で呼吸をしているかをチェックしてあげてください。

いろんなお口の筋トレはありますが、まずはそこから改善していきましょう!

では今日はこのへんで😊

ご質問があれば気軽にコメントをください♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました